HOME > セラミック治療の種類による分類  > セラミックインレー治療

セラミックインレー治療

インレーとは

セラミックインレー(表側)
セラミックインレー
(表側)

セラミックインレー(裏側)
セラミックインレー
(裏側)

保険の金属インレー(表側)
保険の金属インレー
(表側)

保険の金属インレー(裏側)
保険の金属インレー
(裏側)

インレーとは、奥歯に入れる部分的な詰め物のことで、主に歯髄(歯の中にある神経)に達さない小さな虫歯の修復に用いられます。詰め物に使用される素材は、金属やセラミックなどがあります。これよりも広い範囲の虫歯は、クラウンと呼ばれる歯冠部分(歯茎から上)を覆う被せ物で修復することになります。

保険のインレーの欠点と限界について

保険診療のインレーの素材は、金属(銀)、またはプラスチックになります。金属の場合は、お口を開けたときに目立ちやすいことや、金属イオンの影響によって歯茎の黒ずみや金属アレルギーを引き起こしやすいことなどの問題があり、プラスチックの場合は、時間が経つと変色や着色が起こりやすいことや、耐久性が無く破折しやすいことなどの問題があります。

また、保険の金属は少しずつ腐食しやすく、プラスチックは割れやすいので、歯とインレーの間に隙間ができやすく、そこから新たな虫歯ができる懸念があり、長期にわたって使い続けるには不安があります。

一方で自由診療のインレーの素材は、セラミックになります。セラミックインレーは保険が適用されないので高価になりますが、自分の歯と同じような色で修復でき、着色や変色が起こりづらく、プラスチックよりも耐久性があるなどの特長があり、保険のインレーの欠点をカバーすることができます。

高い審美性を求められる方へ

以前に治療した銀インレーをセラミックインレーに換えることで、見違えるように綺麗になります。

セラミックインレーに交換した治療例
保険のインレーをセラミックインレーに交換した治療例

奥歯は前歯ほどは目立たないとはいえ、笑った時などには見えてしまうものです。お口の中が銀歯だらけだったり、古くなった銀インレーが黒ずんで虫歯のように見えたりすることが気になり、審美性を求めてセラミックに取り換える方が増えてきました。

当クリニックでは、より高い審美性を求めてセラミック治療をお選びの方のために、通常のセラミックの他に、ハイクオリティータイプのセラミックもご用意しております。無料カウンセリングを実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

セラミックインレーのメリット

本物の歯のような美しい仕上がりです

白く美しい素材で、本物の歯と見分けがつかないほどの仕上がりです。外から見えやすい前方よりの奥歯(小臼歯)への使用に特にお薦めです。

保険のインレーより虫歯になりにくいです

保険の銀のインレーに比べ、しっかりと歯に合うので、虫歯になりにくいという特徴があります。
(安い素材のインレーは細かい調整が難しいため、歯とインレーの間に隙間が出来やすく、虫歯になりやすいというデメリットがあります)

金属アレルギーの心配がありません

セラミックだけで作られていますので、金属アレルギーを引き起こす不安がありません。

セラミックインレーのデメリット

稀に割れることがあります

セラミックは衝撃に弱く、極端に硬い物を噛んでしまうと、稀に割れたり、欠けたりすることがあります。
歯ぎしりの癖がある方や噛みしめの強い方は、金属のインレーの方が適している場合があります。

高価です

保険が適用されませんので、費用負担が大きくなってしまいます。

ページトップへ戻る

セラミックインレーの種類

インレーに使用できるセラミックは、ハイブリッドセラミック、またはオールセラミックです。
どちらもハイクオリティータイプをお選びいただくことができます。

  ハイブリッドセラミック オールセラミック (参考)金属
通常タイプ ハイクオリティー 通常タイプ ハイクオリティー
透明感          
色の深み          
変色 ほとんどしない ほとんどしない しない しない 黒ずむことがある
セラミック歯への
直接の色塗り
なし なし なし あり  
金属の裏打ち なし なし なし なし すべて金属
総合的な綺麗さ          
総合的な強度          

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとプラスチックを混ぜたインレーになります。保険で使用されるプラスチック素材と比べると変色しにくいですが、プラスチックが混ぜてありますので、経年的に艶がなくなっていきます。見えやすい下顎の奥歯や、上顎の前方よりの奥歯(小臼歯)の治療にお勧めすることができますが、見た目に強いこだわりをお持ちの方には、オールセラミックインレーをお勧めします。

ハイブリッドセラミック治療

オールセラミックインレー

セラミックだけで作られているインレーになります。ハイブリッドセラミックインレーよりも透明感があり、自分の歯のような色調が最も再現できますので、前方よりの奥歯(小臼歯)の治療にお勧めです。すべてセラミックですので、経年的に艶がなくなることもありません。
より美しい仕上がりをご希望の方は、オールセラミックインレー【ハイクォリティー】をお勧めしております。

オールセラミック治療

ハイクオリティータイプ(多層構成)について

当クリニックでは、各種類のセラミック歯にハイクオリティータイプをご用意しております。
ハイクオリティータイプは多層構成されているため色に深みが増し、通常タイプのセラミック歯に比べ、とても自然で綺麗な仕上がりとなります。室内での見え方に大差はないですが、太陽の光のもとでの綺麗さが格段と異なってきます。

多層構成とは

セラミック歯を作製するにあたり、細かく異なった色のセラミック素材を何層も何層も盛ることです。歯科技工士がセラミック歯を作製するのに費やす時間が大幅に増えるので、価格も通常タイプのセラミック歯に比べ高くなります。

セラミック歯への直接の色塗り

ハイブリッドセラミックを除くハイクオリティータイプのセラミック歯での治療では、技工士と患者様が相談しながらご要望の色を塗り、お好みの色に仕上げることも可能です。両隣の歯の色や、お顔の色に合わせた細かい調整が出来ますので、治療後の仕上がりにご好評をいただいております。

※標準的な歯の色をされている場合は歯科技工士による直接の色塗りは省略する場合もございますのでご了承ください。
(直接の色塗りをせずとも自然で綺麗な色をしたセラミック歯を作製できるからです)
※ハイブリッドセラミックのハイクオリティータイプへの直接の色塗りは出来ません。

ページトップへ戻る

初診予約受付 ご予約変更・キャンセル 無料メール相談
無料カウンセリング予約
審美歯科部門 インプラント部門 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
審美歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺
本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口徒歩0分
※サーティワン
 アイスクリームが目印です。

アクセス